スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

企業系FPと独立系FPって?

同じFPの中でも企業系FPと独立系FPと呼ばれる人がいます。一体何が違うのでしょうか?
企業系FPというのは、「会社に属して、FP業務をしている人」のことを指します。

対して、独立系FPというのは、「個人で、FP業務を行っている人」のことを指します。



それぞれについて詳しく解説していきます。


<企業系FP>

企業系FPは、主に金融系銀行、信託銀行、郵便、証券会社、保険会社など)
の企業に所属し、その会社を利用される人に対してFP業務を行います。


顧客に対して、ファイナンシャルプランニングをした上で、
それに合わせて自社金融商品を提案していく
のが業務内容となります。


昨今FP資格が注目されていることもあり、
企業ではFP資格取得者に対してのニ-ズが存在しています。

実際に、企業ではFP資格の取得推奨をしているところもあるみたいです。


そのような点から、FP資格を活用している企業の就職・転職には有利に働くといえるでしょう。

就職に有利に働くので、学生のうちに取得するのもよいですし、
転職・キャリア向上のために取得するのもよいでしょう。


<独立系FP>


こちらの場合も企業系FPと同じで、自分で事務所を開設し、FP業務を行いつつ、
顧客にあった金融商品などを提案する
のが業務です。


こちらの場合、弁護士のようにFP相談業務として対価を頂く所が多いようです。


ただし、この場合実力がしっかりとした人でないと、
FP資格だけで食べていくのは、難しい一面もあります。


FP資格の業務は、各士業(税理士・保険募集人・不動産鑑定士・中小企業診断士)
と絡む部分が多くあります。

なので、こういった人達との繋がりがどれだけあるかが、成功のカギを握るでしょう。


また企業系FPとは違い、どの組織に所属していない分、
中立な立場で顧客に提案ができるのが、独立系FPの強み
とも言えます。

そのうえ、FPはまだまだ発展中の資格のため、これからどんどん注目度は高まる資格ともいえます。
もしかすると、FP業務のかたわら、「家庭でも出来る資産運用方法」など本を書くということも
実力によっては可能になるかもしれません。



今何位にいるでしょうか?
応援よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ
にほんブログ村


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fp0220.blog135.fc2.com/tb.php/6-558be047


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。