スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生活設計を立てている人はどれくらいいるの?

人生において、計画を立てることは、人生の行動指針として役立ちます。
生活設計もまた然りといえるのではないでしょうか?
さてその観点から、「FPが何故将来必要とされるのか?」も、解説していきます。
生活設計とは、
「その人の生活をどのように過ごしていくかという計画やイメージ」のことを指します。
人生の計画みたいなものです。


さて、そんな生活設計だけでは曖昧なので、経済的な部分に絞っていった話を進めていきます。


経済的な生活設計。

多くの人がしていると思いきや、そうでもないようです。


「自分自身や家族の将来について」
「そのための経済的な準備について」の調査

質問「上記の生活設計をしているか、どうか?」


生活設計の調査
(平成19年度)
生命保険文化センター:調査


ほぼ、6割の人が生活設計をしていないという結果になっています。

ある意味、すごく危険なことではないでしょうか?

人生において、計画がないということは、知らない場所に行って
るにも関わらず、地図がないのと同じようなことです。

当たり前のように迷いますし、上手くいかない場合の対処が大変です。


しかし、生活設計の作り方を知らないのに、生活設計を作るのは容易なことではありませんよね。

だから、こそFPという存在があるのです。

昨今、生活環境は複雑化しています。
共通ではなく、一人一人が活き活きと人生を歩むには、
こういった生活設計の知識を身につける・もしくは
誰かにサポートしてもらう必要があるのではないでしょうか?




FPは、そういった生活設計を持っていない人に対して、
自分の持っている知識・人脈を活かし
ライフプランを作り、実現にむけたサポートをします。

そして、その必要性を啓発していくのも、FPの仕事の一つともいえます。


今の時代にあった職業といえるでしょうし、
一人ひとりにあった、人生の過ごし方をサポートするFPは、
これから益々必要とされている職業だといえるでしょう。


今何位にいるでしょうか?
応援よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ
にほんブログ村
[ 2010/09/13 17:00 ] 【その他】 ミニコラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fp0220.blog135.fc2.com/tb.php/37-d93c387e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。