スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライフプランニングの考え方・手法2-6つの係数-

今回は、FPがライフプランニングをする際に用いる「6つの係数」を解説します。
例えば、「今預けたお金が、将来いくらになるか」を知りたいとき
その係数を使えば、簡単に答えが出せます。


さて、その係数なのですが、係数の数字自体を覚える必要はありません。
なぜなら、試験の際は「係数表」という表がついてくるからです。


しかし、FP試験で出題される係数は、6つあります。
問題に使用する係数は、どれなのか?ということは、知っておかなければなりません。

ひとつづつ解説していきます。



①終価係数
一定金額を複利運用していった場合、一定期間後にいくらになるかを示します。

終価係数

例)100万を利率3%で10年間複利運用したら、いくらになるでしょうか?




②現価係数
一定期間後に一定金額を得るためには、いくらの元本(元手)が必要か?


減価係数

例)10年後で100万円得たい場合、利率3%で運用したとすると、いくらの元本が必要でしょうか?



③減債基金係数
一定期間後に一定金額を得るためには、毎年どれだけ積立をすればよいかを示します。

例)10年後に100万円をためたい。利率3%で運用すると、毎年いくらずつ積み立てればよいか?




④資本回収係数
一定額の資金を、一定期間後ごとに均等に取り崩した時、毎年受け取れる額を示します。

例)100万円を利率3%で運用しながら、10年間毎年同じ額を受け取ると、毎年の受取金額はいくらでしょうか?




⑤年金終価係数
毎年一定額を定期的に積み立て運用した時に、一定金額の元利(積立総額)がいくらか示します。

例)毎年100万円を利率2%で積み立てた時、10年後の元利合計はいくらか?




⑥年金現価係数
一定期間、一定金額を受け取るためには、いくらの元本があればいいのかを示します。

例)毎年100万円ずつ、10年間受け取りたい。利率2%で運用するとしたら、手元にいくらの資金が必要でしょうか?


このように6つの係数があります。

覚え方としては、
現価=元本を求める
終価=積み立ての合計を求める


また③~⑥のイメージも作成して分かりやすくしていきます。



今何位にいるでしょうか?
応援よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fp0220.blog135.fc2.com/tb.php/26-adf71903


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。