スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライフプランニングの考え方・手法

今回は、どうやってFPはライフプランを作成しているのかを解説します。
プランニングをする際に、必要なものって何なのでしょうか?

<ライフプランニングって何?>

端的に言うと、「一生の生活設計」のことです。

私たち一人一人で「生き方」があると思います。
そして、これからどのようにしていきたいかを考えているかと思います。

FPは、そのお客さんの持つ「生き方」を達成するために
「暮らしのお金のこと」を考えるのが仕事
です。

人生には、三大資金というものがあります。
それが、

教育
住宅取得
老後


このどれもが、お金が多くかかるイベントです。
適当なやりくりをしていただけでは、この三大資金に対して対応ができません。

そこで、FPがライフプランニングを行うことで、予測や対策をたてます。
結構、FPは責任のあるお仕事なのです。


<ライフステージについて>

人の一生には様々なライフステージ(人生の段階)があります。

結婚・住宅取得・出産・教育・介護・老後
など色々なイベントがあります。

一人ひとり、厳密に言うとライフプランに違いはありますが、
そういったイベントがあり、どれくらい資金がかかるのかを事前に知っておくことは
FPにとっても、重要
なことです。


<ライフプランニングとは?>

暮らし方を考えるのが、ライフプランなのですが、その際にお客さんの情報が必要となります。
そして、その情報を分析して、表にまとめます。

その表は
①ライフイベント表&キャッシュフロー表

その人の家庭もしくは個人の予定に必要とされる資金を、時系列準に一覧にしてあるものを「ライフイベント表」
「今の収支状況」や「今後の予定」を参考にして、将来の収支状況などを予測して、一覧にしてあるものを「キャッシュフロー表」と呼びます。

ライフイベント&キャッシュフロー表【FP2級】

この場合は、決まった表はありませんが、必要事項として①年間収入②年間支出③年間収支④貯蓄残高の4項目があります。

通常のポイントとして、
①1月1日~12月31日を「1年」とします。
②家族の年齢は、通常、12月31日現在で表記します。早生まれの子供には注意が必要です。
実際の年齢ではなく、その年度の年齢を入れてください。
③キャッシュフローの収入は、「可処分所得」というものを使用します。

さて、可処分所得はというと、
自由に使えるお金のことです。税金や社会保険料を差し引いたものを呼びます。
みなさんがよく言う「手取り収入」のことです。

キャッシュフローというのは、お金の流れという意味です。
そのお金の流れを作り出せる、実際に手元にあるお金が対象です。


②個人バランスシート

今の個人の資産・負債・純資産を表にしたもの。

個人バランスシート【FP2級】

この個人バランスシートというのは、企業の会計で使われる指標なのですが、個人にも使えます。
これで、お客さんの資産状況を客観的に見ることができるので、分析が可能になります。

作成における最大のポイントは、「購入・取得した時の金額」ではなく、「今の価値」(時価評価)で
する
ことで、より現実に即した表にします。


これら主に2つの表から、お客さんの生き方を実現する方法を考えていくのが、
基本的なFPのライフプランニングの方法です。




今何位にいるでしょうか?

応援よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fp0220.blog135.fc2.com/tb.php/24-36275116


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。